「治療」「治癒」「療治」の違い/使い分けと用法例

似たようなニュアンスの「治療」「治癒」「療治」という言葉は、一体何が違うのでしょうか。「治療」「治癒」「療治」の違いは次の通りです。

  • 「治療」:病気やけがをなおすこと。また、そのために施す種々のてだて。療治。
  • 「治癒」:病気やけががなおること。平癒。
  • 「療治」:病気をなおすこと。治療。

引用:広辞苑

この意味を踏まえて本記事では、「治療」「治癒」「療治」の違いや使い分けをご紹介していきます。

「治療」「治癒」「療治」の違いと使い分け

実際に「治療」「治癒」「療治」 を使った例文を見てましょう。

  • 虫歯を治療する
  • 転んでできた足の傷が治癒する
  • 改革には荒療治が必要だ

「治療」とは、病気やケガを治すことを目的に痛みが出ている症状を軽減させるための医療行為を行うことで、医師が対応した行為を治療と呼びます。

「治癒」とは、健康な状態の体に戻ったり、傷が癒えたりするなど治療の必要がなくなったことを指します。病気やケガが完全に治ることを完治と表現することもあります。医学的には完治している状態ではないけれども特に問題ない状態まで良くなることを寛解と呼びます。

「療治」とは、はりやきゅう、あん摩マッサージ指圧などの医業類似行為で病気を治すことです。また物事の悪いところを取り除き処置することという意味があります。例えば、手荒な治療を施すことを「荒療治」と呼ぶほか、犠牲を覚悟で物事を思い切った方法で改革するときにも使われます。

「治療」「治癒」「療治」の用法例

「治療」の使い方 / 例文

  • 治療をしないで放置する
  • 治療に専念する

「治癒」の使い方 / 例文

  • 完全に治癒する
  • 自然治癒力を高める

「療治」の使い方 / 例文

  • 打順を入れ替える荒療治を行う
  • 療治を受ける

「治療」「治癒」「療治」の違いまとめ

「治療」「治癒」「療治」の違いや使い方について解説してきましたが、ご納得していただけましたでしょうか。

  • 「治療」:病気やけがをなおすこと。また、そのために施す種々のてだて。療治。
  • 「治癒」:病気やけががなおること。平癒。
  • 「療治」:病気をなおすこと。治療。

「治療」とは医師が病気やケガを治す医療行為のことで、「治癒」とは病気やケガを治療する必要がなくなったことを指します。「療治」とは、鍼灸やあん摩マッサージ指圧などの医業類似行為で病気を治す場合に使われます。

「治療」「療治」の大きな違いは医療行為か医業類似行為かになります。「治療」「療治」と「治癒」の違いは病気やケガが治っているかどうかになります。「治療」「治癒」「療治」このような違いがあります。もしも使い方に迷ったら、医療行為か医業類似行為か、ケガが治っているかどうかを見極めて使い分けをすることをおすすめします。