「かがむ」「しゃがむ」の違い/使い分けと用法例

似たようなニュアンスの「かがむ」と「しゃがむ」という言葉は、何が違うのでしょうか。意外と知らない「かがむ」と「しゃがむ」の違いは次の通りです。

  • 「かがむ」:足・腰を曲げて姿勢を低くする。
  • 「しゃがむ」:ひざを折り曲げて腰を落とす。

引用:大辞林

この意味を踏まえて本記事では、「かがむ」と「しゃがむ」の違いや使い分けをご紹介していきます。

「かがむ」「しゃがむ」の違いと使い分け

実際に「かがむ」と「しゃがむ」を使った例文を見てましょう。

  • 写真を撮るので前列の人はかかんでください
  • 観光客が道端にしゃがんで写真を撮っている

「かがむ」は、ある動作をするために前傾姿勢をしていることを指します。膝は曲げても伸ばしていても良いのが特徴。一方、「しゃがむ」は前傾姿勢にはなるものの、膝を曲げる必要があります。よって、腰や足を曲げるのか、膝を曲げるのかで「かがむ」「しゃがむ」を使い分けることができます。

似たような言葉に、「うずくまる」があります。「うずくまる」とは、膝を曲げて腰をおとし猫背のようにして体を丸くしている様子を指します。例えば、「犬がうずくまって寝ている」「野良猫が人目を盗んで物陰にうずくまって隠れている」「腹痛に襲われてうずくまる」というように、人や動物が体を丸く小さくして何かをしている様子を表現しています。「うずくまる」という表現は、身体的に圧迫感があるときはもちろん、心理的な面も含まれるのが特徴です。

「かがむ」「しゃがむ」の用法例

「かがむ」の使い方 / 例文

  • 膝を深く曲げて屈むように踊る
  • 洗濯ものを取り出そうと屈んだときに腰を痛めた
  • 屈んで靴紐を結ぶ

「しゃがむ」の使い方 / 例文

  • しゃがんで墓前に手を合わせる
  • 向かい合ってしゃがむ
  • しゃがむと膝が痛い

「かがむ」「しゃがむ」の違いまとめ

「かがむ」と「しゃがむ」の違いや使い方についてご紹介していきました。

  • 「かがむ」:足・腰を曲げて姿勢を低くする。
  • 「しゃがむ」:ひざを折り曲げて腰を落とす。

「かがむ」は腰や足を曲げて前傾姿勢になることで、「しゃがむ」は膝を曲げて体を低く構えることです。使い分け方は「体のどの部位を曲げるのか」がポイントです。