「すら」「さえ」の違い/使い方や用法例文の紹介

「~すら」と「~さえ」は似たような言葉であり、どちらも助詞として使われます。しかし、助詞といってもそれぞれに違いがあり、一般的に次のように分類されています。

  • 「~すら」:系助詞
  • 「~さえ」:副助詞

それぞれの助詞の意味を踏まえ、「~すら」「~さえ」の違いや使い分けをもっと詳しく解説していきます。

「~すら/さえ」の違いと使い分け

「~すら」と「~さえ」の違いは、「対象をどのように見ているか。ある程度物事が確定されているか。」にあります。例えになりますが、次のような文章があったとします。

  • 君ですら駄目なのか
  • 君でさえ駄目なのか

「~すら」の場合、結果がある程度わかっている、断られるだろうなという思いを含ませた文章になります。しかし、「~さえ」の場合は、期待してはいないけどもしかしたら…、と少し想像を膨らませる事ができるでしょう。

これらの事例を踏まえた上で、「~すら」と「~さえ」の意味を紹介します。

「~すら」の意味

係助詞として使われる「~すら」は、文末の最後まで影響を及ぼす結びの助詞として使われます。主に、言葉を強調するために用いられる係助詞で、「~すら」は次のような意味を持っています。(出典:広辞苑)

  1. そうなるのが当然と思われる事例を挙げ、他もそうなることを推測させる意を表す
  2. 事が及んだ極端な事態である意を表す

「君ですら駄目なのか」は1番の意味として使われます。「~すら」は少し限定的で及ぼす範囲が狭い時に使われることが多いです。

「~さえ」の意味

一方の「~さえ」という副助詞は、文中の言葉に様々な意味を加える表現となり、一言で「これだ!」という使い方ができない助詞です。そのため、「~さえ」という副助詞は色々な意味を持ちます。(出典:広辞苑)

  1. 現在有る作用・状態の程度が加わったり、範囲が広まったりする意を表す
  2. 程度の軽いものを挙げて、それ以上のものを推測させる
  3. 仮定条件を表す句の中に用い、そのことだけで条件が満たされ他は不問にする意を表す

「~さえ」は使い方が3種類あり、それぞれ広い意味で用いることができます。そのため、「~すら」で言い換えることができない文章を作成することも可能です

「~すら/さえ」の用法例

「~すら」の使い方 / 例文

  1. 君はメール一つすら書けないのか
  2. 恋人の性格、容姿、髪ですら美しく感じる
  3. これはあなたですら出来る仕事

「~さえ」の使い方 / 例文

  1. 仕事さえなければ出かけられるのに
  2. 小学生でさえ解ける問題です
  3. ここでお金さえあったら億万長者になれたのに

ここで気づいたかもしれませんが、1番と3番は「~さえ」に置き換えて表現することができません。よって、利用できる範囲は「~さえ」のほうが広いことがわかります。

「~すら/さえ」の違いまとめ

「~すら」と「~さえ」の違いや使い分けは非常に難しいです。冒頭で係助詞と副助詞が大きな違いとは書きましたが、改めて整理すると、次のように分類することも出来ると思います。

  • 「~すら」:ある程度未来の出来事が確定しているのを推測させる
  • 「~さえ」:上記を含み、かつ「~すら」で表現できない文章で用いる

広い意味で使えるのは「~でさえ」で、ほぼ意味も同じです。用法に迷ったときは「~でさえ」を使うのが良いと思います。

参考書籍:広辞苑