「我社」「弊社」の違い/使い分けと用法例

自分の会社を指す「我社」と「弊社」という言葉ですが、一体何が違うのでしょうか。「我社」と「弊社」 の違いは次の通りです。

  • 「我社」:自分の会社。または自分の所属する会社。
  • 「弊社」:自分の会社をへりくだっていう語。

引用:実用日本語表現辞典、三省堂「大辞林」

この意味を踏まえて本記事では、「我社」と「弊社」の違いや使い分けをご紹介していきます。

「我社」「弊社」の違いと使い分け

実際に「我社」と「弊社」を使った例文を見てましょう。

  • 我社の強みを生かした商品
  • 弊社の商品をご説明します

「我社」とは、対等な立場の相手に対して使う言葉になります。シチュエーションとして、社内である程度立場のある人や目上の人が使う言葉で、主に社内のものに対して使うほか、演説や報告など社外の相手に対して使うケースもあります。同じような言葉で「自社」や「当社」がありますが、社外の人に対して使う場合は「我社」の方がおすすめです。

一方、「弊社」とは、自分の会社をへりくだるときに用いる言葉です。主にお客さまや取引先など相手を敬い、自分を謙遜する場合に使う言葉ですので、社内では使いません。シチュエーションとして、取引先など立場が上になる相手に対して何かをお願いするときに使うことが多く、迷惑をかけたり謝罪したりするケースでも使われます。

「我社」「弊社」 の用法例

「我社」の使い方 / 例文

  • 我社では新商品を開発中です
  • 我社は黒字になる見込みです
  • 我社は創業100年の老舗です

「弊社」の使い方 / 例文

  • 弊社までご足労いただき恐縮です
  • 弊社の移転先は~になります
  • 土日は弊社の定休日です

「我社」「弊社」 の違いまとめ

「我社」と「弊社」の違いや使い方について解説してきました。

  • 「我社」:自分の会社。または自分の所属する会社。
  • 「弊社」:自分の会社をへりくだっていう語。

「我社」とは、社内など身内に対して使う言葉です。対等な立場で自分の会社を表現するときに使いますが、社内である程度立場のある人や目上の人が使う言葉になりますので、新入社員など若手社員が使うときは注意が必要です。上司らに対して使うときは「当社」という方がおすすめです。

一方、「弊社」とは、取引先やお客様に対してへりくだるときに使う言葉です。相手の会社よりも自分の会社のことを下の立場に位置づけてへりくだるときに使います。主に商談や交渉などお願いしたり説明したりするときに使うほか、お礼や謝罪するときにも使います。

すべて自分の会社のことを指す言葉ですが、シチュエーションに合わせて使い分けしましょう。