「町」「街」 の違い/使い分けと用法例

同じ発音の「まち」ですが、漢字で表すと「町」と「街」の2つあります。意味も同じように感じますが、一体何が違うのでしょうか。「町」と「街」 の違いは次の通りです。

  • 「町」:地方公共団体の一つ。市と村の中間に位置する。まち。
  • 「街」:(造) 大通り。また、大通りに面したまち。まちなか。

引用:明鏡国語辞典

この意味を踏まえてこの記事では、「町」と「街」 の違いや使い分けをご紹介していきます。

「町」「街」 の違いと使い分け

実際に「町」と「街」 を使った例文を見てましょう。

  • 同じ町に住んでいる
  • 商店街で買い物をした

「町」とは、住宅や商店街が多く人口が密集しているところという意味で、英語に訳すとcityやtownです。また行政上の区分を表す言葉としてA町、B町のように住所などに使われ、「町」を「ちょう」と読む府県と「まち」と読む都県があります。全体的な区域を指している場合は「町」になります。

一方、「街」とは、商店街などが立ち並ぶ通りや場所という意味で、英語に訳すとstreetです。また「街」は、「町中を区切る通り」や「街中の通りに面した一角」といったように町よりも狭い範囲を表し、「繁華街」や「商店街」のように「街」は「がい」と読み、主に「町」の中にあるものという意味で使われます。

「町」「街」 の用法例

「町」の使い方 / 例文

  • 隣町の友人宅まで車で送った
  • 町のはずれにある公園で遊んだ
  • この町に避難勧告が発令された

「街」の使い方 / 例文

  • 街頭インタビューに応じる
  • 住宅街を通り抜ける
  • シャッター通りとなった商店街

「町」「街」 の違いまとめ

「町」と「街」 の違いや使い方について解説してきましたが、ご納得していただけましたでしょうか。

  • 「町」:地方公共団体の一つ。市と村の中間に位置する。まち。
  • 「街」:(造) 大通り。また、大通りに面したまち。まちなか。

「町」とは、住宅や商店など人口が密集しているところという意味で、英語に訳すとcityやtownです。「町はずれ」「町工場」「隣町」「永田町」といった使い方をします。

一方、「街」とは、商店街などが立ち並ぶ通りや場所という意味で、英語に訳すとstreetです。「商店街」「街角」「若者の街」といった使い方をします。

それぞれの意味を理解して「町」と「街」 を的確に使い分けしましょう。