「伯父」「叔父」の違い/使い分けと用法例

読み方は一緒の「おじ」ですが漢字で書くと「伯父」と「叔父」と異なります。一体何が違うのでしょうか。「伯父」と「叔父」の違いは次の通りです。

  • 「伯父」:父(母)の兄。
  • 「叔父」:父(母)の弟。

引用:三省堂「新明解国語辞典」

この意味を踏まえ、本記事では、「伯父」と「叔父」の違いや使い分けをご紹介していきます。

「伯父」「叔父」の違いと使い分け

実際に「叔父」と「伯父」の使い分け方を、画像を交えてご紹介します。

伯には、兄弟姉妹の最年長者という意味があり、叔には年下の兄弟という意味があることから「伯父」は父・母にとって兄、「叔父」は父・母にとって弟になります。例えば、叔母さんの夫が母よりも年上だった場合、母にとっては「弟」にあたるので「叔父さん」と呼びます。

「伯父」と「叔父」は、父母よりも年上か年下かで使い方が変わる、と覚えておくことを推奨します。

「伯母」「叔母」の違い

余談ではありますが、「伯母」と「叔母」の違いも併せてご紹介します。

「伯父・伯父」の違いと同様、「伯母・叔母」の違いも自分の親(父・母)を基準に父・母の姉であれば「伯母」となり、父・母の妹であれば「叔母」になります。

「伯父・伯父」と「伯母・叔母」の違いを理解してしっかりと正しく使い分けしましょう。

「伯父」「叔父」の用法例

「伯父」の使い方 / 例文

  • 母は伯父さんに昔から頼りきりです。
  • 父の祖父が経営する会社の社長に伯父さんが就任しました。

「叔父」の使い方 / 例文

  • 父より1つ年下の叔父さんはいまだに野球を続けています。
  • 独身の叔父さんが入院したため母が面倒をみています。

「伯父」「叔父」の違いまとめ

読み方は同じ「おじ」ですが、漢字で表すと異なる「伯父」と「叔父」の違いについてご紹介していきました。

  • 「伯父」:父(母)の兄
  • 「叔父」:父(母)の弟

自分の親(父・母)の兄を「伯父」、弟を「叔父」と書きます。また親の姉を「伯母」、妹を「叔母」と書くことも一緒に覚えれば一石二鳥です。使い方を迷ったときは、「伯」という文字を基準にすると覚えやすいです。

「伯」は伯爵など身分が上の人に対して使う漢字ですので父・母よりも年上ということが連想しやすいと思います。正しく理解してきちんと使い分けできれば、いざという時にも安心です。