「視野」「視界」の違い/使い分けと用法例

「見える範囲」という意味で使われる「視野」と「視界」ですが、何が違うのでしょうか。似たような意味ですが微妙にニュアンスが異なる「視野」と「視界」の違いは次の通りです。

  • 「視野」:①目を動かさないで見ることのできる範囲。②顕微鏡・望遠鏡・カメラなどで、レンズに写る範囲。③思慮・知識・判断などが及ぶ範囲。
  • 「視界」:一定の位置から見通すことのできる範囲。

引用:明鏡国語辞典

この意味を踏まえて本記事では、「視野」と「視界」の違いや使い分けをご紹介していきます。

「視野」「視界」の違いと使い分け

実際に「視野」と「視界」を使った例文を見てましょう。

  • 視野が狭い
  • 雨で視界が悪い

「視野」とは、一定の位置から目を動かさないで見ることのできる範囲という意味をはじめ、顕微鏡や望遠鏡、カメラなどのレンズで見ることのできる範囲、知識や考え方など物事を考えたり判断したりする範囲という意味でも使われます。一方、「視界」とは一定の位置から見通しのきく範囲という意味で使われます。

「視野」は「目を動かさずに見える範囲」だったり、「レンズに写る範囲」だったり、目や角度を基準にして見える正確な範囲のことを指しますので、その正確な基準が狂わないようにするために「目を動かさない」という条件が付きます。しかし、「視界」は目を動かしたり、視点を移動させたりして自分が最大限に見ることのできる範囲を指します。よって正確さは不要なため「目を動かさない」という条件は付きません。

「視野」と「視界」の違いはレンズに映る範囲や知識・判断する範囲という意味が含まれるかどうかもありますが、大きな違いは「目を動かさない」ということです。

「視野」「視界」の用法例

「視野」の使い方 / 例文

  • 国際的視野に立つ
  • 視野を広げる
  • 視野を遮る

「視界」の使い方 / 例文

  • 視界が暗い
  • 明るい視界を開く
  • 視界から消える

「視野」「視界」の違いまとめ

「見える範囲」という意味で使われる「視野」と「視界」の違いや使い方についてご紹介していきました。

  • 「視野」:①目を動かさないで見ることのできる範囲。②顕微鏡・望遠鏡・カメラなどで、レンズに写る範囲。③思慮・知識・判断などが及ぶ範囲。
  • 「視界」:一定の位置から見通すことのできる範囲。

「視野」とは目を動かさないで見える範囲という意味のほか、レンズで見える範囲や考えたり判断したりする範囲という意味を持ちます。一方、「視界」とは自分が最大限に見ることのできる範囲という意味で使われますので、目を動かしたり、移動したりすることができます。

「視野」と「視界」の使い分けのポイントは「目を動かさない」ということです。言葉の意味をしっかりと理解して、間違った使い方をしないように注意しましょう。