「特長」「特徴」の違い/使い分けと用法例

「特色」という意味で使われる「特長」と「特徴」ですが、一体何が違うのでしょうか。「特長」と「特徴」の違いは次の通りです。

  • 「特長」:特にすぐれたところ。特色。
  • 「特徴」:他と異なって特別に目立つしるし。特色。

引用:広辞苑

この意味を踏まえて本記事では、「特長」と「特徴」の違いや使い分けをご紹介していきます。

「特長」「特徴」の違いと使い分け

実際に「特長」と「特徴」を使った例文を見てましょう。

  • 素材の特長を生かした料理
  • 特徴のあるファッション

「特長」の「長」には「長ける」という意味があります。よって「特長」とは、ほかに比べて特に優れている特別の長所のことで、欠点は含まれません。

一方、「特徴」の「徴」には、「しるし」という意味を持ちます。よって「特徴」とは、良し悪しに関わらず他と比べて目立つ点のことで、欠点も含まれます。

例えば、「新商品の特徴」であれば良い点と悪い点を挙げることもありますが、「特長」となればその製品の特に優れた点を意味します。良いところをアピールしたい場合は「新商品の特長」となります。

また、「彼は怒りっぽいという特長がある」というように短所ともとれるときに「特長」は使いません。欠点を含む場合は「特徴」を使いますので、「彼は怒りっぽいという特徴がある」が正解になります。

「特長」「特徴」の用法例

「特長」の使い方 / 例文

  • カメラの特長は世界最軽量なこと
  • 水に強くて丈夫なことがこの生地の特長だ
  • それぞれの特長を生かした作品だ

「特徴」の使い方 / 例文

  • 特徴的なデザイン
  • 特徴のあるしゃべり方
  • 犯人の顔の特徴を覚える

「特長」「特徴」の違いまとめ

「特長」と「特徴」の違いや使い方について解説してきました。改めて「特長」と「特徴」を振り返りましょう。

  • 「特長」:特にすぐれたところ。特色。
  • 「特徴」:他と異なって特別に目立つしるし。特色。

「特長」とは、ほかによりも特に優れている点で欠点は含まれません。一方、「特徴」とは、良し悪しに関わらず他と比べて目立つ点や際立るしるしのことで、欠点も含まれます。

例えば、製品や素材など特に優れている点をアピールする場合は「特長」を使い、他と比べて良い点だけではなく欠点や悪い点を含むケースは「特徴」を使います。迷ったときは、「特長」=「優れている点」、「特徴」=「良し悪しに関係なく目立っている点」で判断することをおすすめします。