「切望」「熱望」の違い/使い分けと用法例

心から望んでいるときによく使う「切望」と「熱望」ですが、一体何が違うのでしょうか。「切望」と「熱望」の違いは次の通りです。

  • 「切望」:しきりにのぞむこと。たって願うこと。
  • 「熱望」:熱心に希望すること。

引用:広辞苑

この意味を踏まえ、本記事では、「切望」と「熱望」の違いや使い分けをご紹介していきます。

「切望」「熱望」の違いと使い分け

実際に「切望」と「熱望」を使った例文を見てましょう。

  • 切望してやまない
  • 停戦を熱望する

切望も熱望も心から強く望むことですが、「切望」とは、心からそのように望むことという意味で使われ、「熱望」とは、心から実現を希望することを意味します。微妙なニュアンスの違いに気をつけて使い分けしましょう。

「切望」「熱望」の用法例

「切望」の使い方 / 例文

  • この美しい光景を記憶に残したいと切望します
  • 彼女の成長を切望します

「熱望」の使い方 / 例文

  • 世界平和を熱望します
  • 無事に回復することを熱望しています

「切望」「熱望」の違いまとめ

「切望」と「熱望」の違いや使い方について解説してきましたが、ご納得していただけましたでしょうか。

  • 「切望」:しきりにのぞむこと。たって願うこと
  • 「熱望」:熱心に希望すること

「切望」は、心から切実に望んでいるという意味で、「熱望」は、実現にかける熱い気持ちを意味します。どちらも心から強く望むことに間違いはありませんが、切に願うか、熱心に願うかの違いに気を付けて使い分けしましょう。