年賀状の基本的な書き方を例文と一緒にわかりやすく紹介

現代において、寒中見舞いや暑中見舞いの手紙やハガキを送る人は減ってきましたが、年賀状だけは特別に出す!という方も多いと思います。年賀状は親族に送るだけでなく、ビジネス相手の企業宛に送ることもあるので、その時に言葉の使い方や年賀状の基本的な書き方を知っておかないと、相手に失礼な年賀状を送ってしまう可能性があります。

そこで本記事では、年賀状の基本的な書き方を例文と一緒にご紹介します。

年賀状を書く時に抑えておきたい5つのポイント

年賀状を書く際に、外してはいけないポイントがいくつかあります。その中でも下記5つは絶対に年賀状に書くことをおすすめします。

  1. 新年の挨拶言葉(賀詞)
  2. 去年お世話になったことへの感謝
  3. 今年の交誼もお願いする
  4. 相手の1年間の無事を祈る言葉
  5. 手書きの一文

最近は年賀状を印刷してそのまま相手に送ることもありますが、手書きの一文を加えることで儀礼的なイメージを失くすことができます。1~4に関してはプリンターで印刷して問題ありませんが、手書きの一言はなるべく添えることをおすすめします。

新年の挨拶言葉(賀詞)の選び方

賀正、迎春、などの言葉を年賀状の冒頭で使う人がほとんどだと思います。これらの言葉は、新年の挨拶言葉(賀詞)として用いられ新年をお祝いするために使われます。

賀詞の選び方は人それぞれ好き勝手で良いと思われがちですが、実は立場によって適切な賀詞は異なります。例えば、親族に使う賀詞と、ビジネス相手や目上の上司に使う賀詞ではふさわしいものとそうではないものがあるので、それを立場別にご紹介します。

上司やビジネスで関わるあらたまった相手の場合

  • 謹賀新年
  • 恭賀新年
  • 明けましておめでとうございます
  • 新年、おめでとうございます
  • 新春寿ぎ、謹んで御祝詞を申し上げます

それ以外の相手の場合

  • 賀正
  • 賀春
  • 迎春
  • 慶春
  • 頌春
  • 明けましておめでとう
  • A Happy New Year!

実は、一般的によく使われる賀正や迎春などは目上の相手に使うにはあまりふさわしくありません。なぜなら、賀正などの賀詞は、元々は目上の人から目下の人へ使う言葉であるからです。

手書きの一文で儀礼的なイメージを消す

昨今はパソコンを使ってイラストや写真を貼り、文章も全て印刷する傾向にあります。

たしかに大量の年賀状を作成して送る場合は手書きよりも印刷したほうが早いですが、できれば一言だけでもいいので手書きの文章を添えるのが、儀礼的なイメージも消えて相手にも良い印象を与えます。

とは言え、全ての年賀状に手書きの一言を添えるのは間違いなく大変なので、親しい人や目上の人に送る年賀状にだけは添える方針でも良いと思います。

住所は必ず書くこと

名前を書くのはもちろんですが、年賀状には自分の住所や郵便番号、電話番号も書くようにしましょう。翌年に年賀状を送ってもらう際、住所がないと送り先がわからず困るからです。

また、仕事でお世話になっている人に送る年賀状の差出人は基本的に自分一人です。ただし、家族ぐるみの付き合いがある仕事関係者の場合は家族全員の名前も一緒に添えても大丈夫です。

年賀状を書く時の注意点

近況報告は必ず明るい話題を選ぶ

年賀状を出す場合、近況報告を一言添えることが一般的です。

その時、必ず明るい話題を選ぶようにしましょう。例えば、最近はあまりいいことがなかった、仕事が上手くいっていない、体調が優れないなどの事実があったとしても、新年の挨拶としてそのような報告はふさわしくありません。

新年の最初から相手に心配されるような内容ではなく、今年の抱負などを書くことにしましょう。繰り返しになりますが、念頭に暗い報告は必ず避けるようにしてください。

意味が重複した賀詞の言い回しを避ける

多くの人が賀詞の使い方を間違っているケースが多いです。

その代表例として、「新年明けましておめでとうございます」という挨拶の言葉があります。一見何も問題ないように見えますが、実はこの挨拶は意味が重複している言葉が使われています。

この場合「新年」と「明けまして」が重複するので、下記どちらかを使うのが適切です。

  • 新年おめでとうございます
  • 明けましておめでとうございます

些細な言い回しなので相手も気づかない事が多いですが、マナーに詳しい人は「ん?」と違和感を覚えることがあるので、この記事を見ているあなたには、適切な言い回しを使ってもらえたら嬉しいです。

すぐに使える年賀状例文

ここからは、相手によって使い分ける年賀状の書き方を例文でご紹介します。

汎用性のある一般的な年賀状

明けましておめでとうございます
あっという間に過ぎた一年でした。今年もお互い健康に過ごせる年にしましょう。
新年、おめでとうございます
先日は◯◯にお誘いありがとうございました。今度はこちらがご招待しますのでぜひいらしてください。
賀正
ご無沙汰ばかりで申し訳ありません。皆様にとって良き1年になりますように。

親族や友達など親しい人に出す年賀状

迎春
お互いまた一つ歳をとってしまいましたね。今年こそは、一緒に一杯飲みましょう。
賀正
お子様はお元気でしょうか。春から子供が幼稚園に通います。お時間が合えばまた一緒にランチなどご一緒できればと思います。

ビジネス相手や目上の人に出す年賀状

恭賀新年
昨年はお世話になりました。今年もご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。
謹賀新年
旧年中はお世話になりました。この一年がますます飛躍の年になりますよう、お祈り致します。
明けましておめでとうございます
昨年はご無沙汰ばかりで申し訳ございません。今年はぜひ、お目にかかりたいと思っております。

手紙・はがきの最新記事4件